三菱製紙株式会社 機能材事業部  
個人情報保護方針 サイトマップ
事業部紹介
商品紹介
ゲルタイプ
医療用定温保持
スラリー
パウダー
ペレット
シート
パック
しくみ(原理)
技術資料
業種で選ぶ
用途で選ぶ
書庫
お問合せ
韓国語サイト
中国語サイト
表紙
Google検索
HOME > 商品紹介 > 蓄熱材料・サーモメモリー > 空輸における定温保持実証試験  印刷

 サーモメモリー 空輸における定温保持実証試験

サーモメモリー 空輸における定温保持実証試験

医療用定温保持
特長
モデル実験例 1
モデル実験例 2
サーモメモリー特性
上空では貨物室内の温度が低下
35℃サーモメモリー
擬似サンプルを用いて、日本からドイツへの空輸を行い定
温保持の実証試験を実施
管理の困難な航空輸送においても精密な定温保持が可能
設定温度の35℃付近で約40時間の定温保持を達成

 医薬品メーカーの治験薬の空輸に使用され要望される定温保持を達成

 適用範囲は医薬品、化粧品、精密機器、電子材料などに拡大



お問い合わせ先
三菱製紙株式会社 事業化推進室
〒130-0026 東京都墨田区両国二丁目10番14号
両国シティコア
TEL:03-5600-1471 FAX:03-5600-1419
        E-mail: t-memory@mpm.co.jp


三菱製紙ホームページへ 製品案内とサービス