三菱製紙株式会社 機能材事業部  
個人情報保護方針 サイトマップ
事業部紹介
商品紹介
ゲルタイプ
医療用定温保持
スラリー
パウダー
ペレット
シート
パック
しくみ(原理)
技術資料
業種で選ぶ
用途で選ぶ
書庫
お問合せ
韓国語サイト
中国語サイト
表紙
Google検索
HOME > 商品紹介 > 蓄熱材料・サーモメモリー > 医療用定温保持 モデル実験例      印刷 

 サーモメモリー 医療用定温保持 モデル実験例

実験例
医療用定温保持
特長
モデル実験例
モデル実験例 2
サーモメモリー特性
医療用定温保持◆サンプルイメージ22℃保持用のサーモメモリーパウダーを充填した袋2個の間に(サンプル水袋)を挟んで断熱性容器の内部に保管した。(右の図)






医療用定温保持これを冬場を想定した4℃および夏場を想定した35℃の環境温度下に放置した所、どちらの環境温度でもサンプル(水袋)の温度は24時間経過しても22±2の範囲に収まっていた。

■ 冬場を想定した4℃での実験結果
 ■ 夏場を想定した35℃での実験結果
冬場を想定した4℃での実験結果 夏場を想定した35℃での実験結果


三菱製紙ホームページへ 製品案内とサービス